Metal Xよくある質問(FAQ) | 金属3Dプリンター受託造形サービスのことなら株式会社J・3D

愛知県名古屋市港区油屋町1丁目30番地
052-389-1901
3Dプリンターについて Metal Xよくある質問(FAQ)
Metal X Frequently Asked Questions (FAQ)

Markforged社金属3Dプリンター「Metal X」のよくある質問をまとめさせていただきました。

まだMarkforged社金属3Dプリンター「Metal X」はあまり知られておりません。ここでの質問以外にもご質問がございましたら遠慮なくお申し付けください。

お問い合わせはこちら

Metal Xでの造形テーブルは300 x 220 x 180 mm になりますが、造形サイズは250 x 183 x 150 mm, 10kgとなります。
弊社が保有する焼結炉では235 x 68.3 x 69.2mmとなっております
カタログ値では20%と書かれていますが、テストの実数値では平均17%になっています。
造形テスト値では0.1~0.3mmとなっています。X、Y、Zそれぞれに値が違いますのでニアネットシェイプとご理解ください。
ガス置換法、アルキメデス法での計測値は96%となっております。
SUS630、SKD11、SKD12、SKD61、インコネル625・純銅、SUS 316Lとなっております。
①金属粉末+ワックス・樹脂
②セラミック粉末+ワックス・樹脂
一つはメタル材料、もう一つはサポート材を簡単に剥離する為のセラミック材となっております。
  • 第一種有機溶剤を使用する為、消防、労働基準監督署へ届け出が必要となります。






有機溶剤作業主任者資格が必要となります。
【METAL X】
毎回:清掃
都度:キャリブレーション、ノズル交換、ベルト調整 等
【WASH-1】
週1:水抜き
都度:Opteon SF79継ぎ足し、交換
【SINTER-1】
6回使用:エキゾーストフィルター交換
12回使用:エキゾースト排管清掃
40回使用:ガスフィルター交換
・金属材料
・剥離材料
・金属ノズル
・剥離ノズル
・プリントシート
・エキゾーストフィルター
・ガスフィルター 等
3Dプリンター用のデータ「STL」になります。
チャンバー内部では常にヒーティングされており80℃になっています。装置外周温度は40℃ほどになっております。
1300℃がMAXになっております。
電気代で約3万円/月、ガス代で約5万円かかるかと思います。MAXでの造形の場合。
縮尺の変更は可能ですが、データそのものの編集はできません。編集が必要な場合は別のソフトウエアを導入する必要があります。
Metal Xの専用ソフトウエアには収縮補正の項目は存在しておりません。
100%漏れないと断言はできませんがamazon web servicesを使用しており、高セキュリティであると考えられます
適正に保管されていれば1年間消費期限があります。
もちろん可能です。機密保持契約上見られない場合もありますので事前にお問い合わせ下さい。
»お問い合わせはこちら
正しい手順、正しい環境下で使用していただければ安全な金属3Dプリンターです。
材料切れ、温度センサー切れなどエラーが発生すると停止する仕組みになっております。
材料の種類によっては錆びる可能性があります。
残念ながら初めからやり直しになります。
ガスは常に監視されています。ガスがなくなるとエラーで装置が停止するようになっています。

Markforged Metal Xの長所と短所

Markforged Metal Xの消耗品

純銅材料可能に Markforged Metal X

製造業における企画・開発をMarkforged Metal Xで

治工具で使用が最適 Markforged Metal X

Markforged Metal X の実力検証

17-4PH ステンレスデーターシート Markfoged Metal X


» 適用事例はこちら

Contact_banner_
J・3Dについて J・3Dについて
3Dプリンターについて 3Dプリンタについて
設備概要 設備概要
適用事例 適用事例
工場見学 工場見学
パンフレット 金属3Dプリンターの基礎知識