多品種少量生産、短納期・金属試作加工なら

愛知県名古屋市港区油屋町1丁目30番地
052-389-1901
事業内容 ニアネットシェイプとは
What is a near net shape?
ニアネットシェイプ

ニアネットシェイプ(Near net shape)とは完成品に近い状態(切削・研磨等の後加工をする必要の無いほどの状態)にすることを指しています。

金属3Dプリンターだけでなく、ロストワックス鋳造・金属焼結などでも使われる言葉です。

必要なところには取り代(仕上げ代)を付け、取り付け部や精度穴などは後加工にて精密加工します。

金属3Dプリンターは金型も作らない、究極のニアネットシェイプ加工と言えます。

ニアネットシェイプメリット

金属3Dプリンターでは3Dデーターがあればすぐにでもニアネットシェイプ化が可能です。

型を作るコストも日数も必要ないので、短納期を実現します。3Dデーターに間違いないのであれば、打ち合わせすら必要ない場合もあります。

大量生産はできませんが、試作品でのニアネットシェイプ化は金属3Dプリンターに軍配があがります。

開発サイクルの向上に金属3Dプリンターによるニアネットシェイプ化が進んでいます。

海外ではすでに試作品の製造は金属3Dプリンターを採用しています。

日本でも樹脂の領域では3Dプリンターが使われていますが、金属のニアネットシェイプ化はまだ1部の企業様に限られています。

トータルコストを見据えていけば必ずメリットのある工法なので、採用への1歩を踏み出してください。

Contact_banner_
J・3Dについて J・3Dについて
3Dプリンターについて 3Dプリンタについて
設備概要 設備概要
適用事例 適用事例
工場見学 金属試作工場見学