事業内容 - 株式会社J・3D | 金属3Dプリンター受託造形サービスのことなら株式会社J・3D

愛知県名古屋市港区油屋町1丁目30番地
052-389-1901
事業内容 事業内容
BUSINESS
金属3Dプリンターコンサルティング

株式会社J・3Dでは、金属3Dプリンターを使用して新たなものづくりの手法と可能性を模索し、日々の業務に取り組んできました。

そして私達は、この金属3Dプリンター技術を活用してきた豊富な経験から、多くの解決策をノウハウとして蓄積しました。

この「ノウハウ」という付加価値を、そして「知識」という付加価値をこれから金属3Dプリンターに携わろうととしている皆様へコンサルティングとしてをご提供する「Additive agent」を立ち上げました。

独自の技術コンサルティングサービスと自らの足とで人脈で築いた知識に加え、金属3Dプリンターの基礎知識から安全教育まで実施し、安全かつ効率的に金属3Dプリンターを垂直立ち上げすることが可能です。

業界をリードしてきた私たちだからこそ皆様へ提供できる技術や知識があります。


お問い合わせはこちらから

株式会社J・3Dの「Additive Agent」の活用方法

1.ユーザーインタビュー
 お客様が金属3Dプリンターを活用してどのようなことをしたいのか?どんな目的があるのかなど詳細にインタビューさせて頂きお客様の考えに最も適した金属3Dプリンターを提案させて頂きます。
 適した金属3Dプリンターを、お客様と共に販売店、メーカーへ同行させて頂きテスト造形までアシストさせて頂きます。

2.据え付け環境コンサル
 金属3Dプリンターはどこに設置してもよいわけではありません。据え付け環境や設置後の消防、労働局での手続きの書類作成、また代行申請等をさせて頂きます。
 また必要な周辺機器、道具、工具なども合わせて提案させて頂きます。

3.技術教育
 専用CADを用いた造形姿勢、サポート設計などを教育させて頂きます。設置前に完了するので設置後にはすぐに金属3Dプリンターを動かくすことが可能です。

4.安全教育
 金属3Dプリンターでは微細な粉末を用いますので、粉塵爆発、じん肺など労働安全衛生法や消防法にかかわる項目があります。正しい手順と知識を身につけて頂き、安全に金属3Dプリンターを稼働できるように致します。

5.サポート材除去教育
 金属3Dプリンターではこのサポート材除去が1番のネックになってきます。どのように除去することが大事なのか、どのような工具が必要か、どれくらいの時間で行う必要があるのかなど、実践を交えて教育させて頂きます。

6.造形技術相談
 実際に金属3Dプリンターを導入したのちでも困ることは多々あります。困ったときに相談できる窓口があればきっとお役に立つことでしょう。


選べる二つのコンサルティングプラン

1.スポットコンサルサービス
 上記内容のどれか一つのコンサルティングを受けることが可能なサービスです。

2.フルサポートコンサルティングサービス
 上記内容をフルで受けることがサービスになります。


お問い合わせはこちらから

金属3Dプリンターサービス

J・3D普通の金属加工会社ではありません。金属3Dプリンター(金属粉末積層法)を用いて製品を造形し提供させていただいております。

金属3Dプリンター造形技術においては豊富な経験を持っており、短納期で高精度な金属造形を可能としています。3DCADデータがあれば、製品を短期間で手に入れることができます。

試作部品、樹脂金型部品、ダイカスト金型部品、レガシーパーツ、軽量化部品などなどお気軽にお問い合わせください。

取り扱い素材はステンレス(SUS316L)、インコネル718、アルミニウム、マルエージング鋼、純チタン、コバルトレスマルエージング鋼になります。


金属3Dプリンターでは複雑な形状でも3DCADデータからダイレクトに金属部品を3Dプリントできます。使用設備はEOS社のM280M290になります。

また、
3次元冷却水管を配置したダイカスト金型、樹脂金型、ダイクエンチ等の部品製作(造形)、またヒートシンクやインペラ等の複雑形状。トポロジー設計等、軽量化設計の造形試作なども可能です。金属の種類は6種類からお選び下さい。


試作加工可能材質
マルエージング鋼
インコネル718
アルミニウム
ステンレス(SUS316L)
純チタン
コバルトレスマルエージング鋼

そのほかにも金属3Dプリンターで新しい価値を持った商品・サービスの創造と提供をしています。

1.設計の検証
・金型レス、切削加工レスで迅速に試作品を製作し、検証をすることが可能です。
・金属材料で造形したパーツを使えますので、高強度、高熱が必要な部分でもテストを行うことができます。

2.設計のフィードバック
・金属3Dプリンターで造形した試作部品は数日でお手元に届くため、製品開発の早期の段階で、すぐに設計にフィードバックすることが可能です。
・一度に複数の試作部品を造形できるため、設計の比較を簡単に行うことができます。
・金型が必要だった中空形状品も金型を作ることなく造形できるので製品化に必要な時間の短縮につながります。

3.軽量化
・今まで不可能だった軽量化を実現することが可能です。
・トポロジー設計品をいち早く形にすることで強度の確認や干渉チェックも素早く行えます。

4.一体化
・ねじ止めしていた形状、溶接しなければならなかった形状が一体で作ることが可能です。

5.複雑化
・ラティス構造などの機械加工では不可能だった構造を作ることが可能です。
・5軸加工に頼っていた複雑構造を短時間で造形することが可能です。

6.新デザイン
・今まで不可能だったデザインでも造形することが可能です!

お問い合わせはこちらから

DMG森精機ドリームコンテスト2020入賞

» 適用事例はこちら » 詳しくはこちら

樹脂3Dプリンターサービス

樹脂3Dプリンターではナイロン12とガラス入りナイロン材料を用いて試作部品や最終製品を3DCADデータからダイレクトにプリントできます。

通常の樹脂3Dプリンターと違い、粉末樹脂にレーザーを照射し造形しますので、周りの粉末で造形物を支えますのでサポート材が着きません。

造形完了後は樹脂の粉末を除去するのみで完成品になりますので他社で出来なかった形状が再現できることが株式会社J・3Dの強みです。

またレーザーを採用することで造形のスピードは他の3Dプリンターを圧倒しますし、Z方向に積み重ねることもできるのでコスト削減も可能です。

樹脂造形は株式会社J・3Dでご用命ください。


造形後の塗装も出来ますので是非お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちらから

金属3Dプリンターサービス

スピーディーに、求められるサイズで、求める時と場所に鋼材フライス加工品をお持ちいたします。

圧倒的なスピード、クオリティ、フレキシビリティー、そして幅広いカバーエリアでものづくりの現場のローコスト・化省力化を強力に後押しするサービスです。

J・3Dではお客様の設計図面で指示された通りの6面フライス加工品を提供します。

特殊鋼、ステンレス、アルミニウム、銅など、マテリアルの種類やメーカーも問いません。

寸法・精度、仕上げの仕様に合わせて迅速に、極めて高い技術で加工を行い、確実に納入します。このフレキシブルなサービスの大きなポイントは、お客様が新たに加工を行う必要が無く、もちろんこのための設備投資や技術者を抱えることも不要となります。さらに、J・3Dの製造は24時間体制であり、お客様がお望みのタイミングで供給が可能。つまり、在庫を抱える必要がなくなります。

日本全国のみならず、海外においてもネットワークを展開。圧倒的な取扱量によってもたらされるスケールメリットで、お客様のご要望に事細かにお応えするオーダーメイド形式ながら、圧倒的な低コストを誇ります。このコストパフォーマンスをぜひご活用ください。

フライス加工詳細はこちら

お問い合わせはこちらから

Dlite

弊社が所有する電解研磨は「乾式電解研磨」で液体を使用しない革新的な乾式電解研磨技術です。

その技術によりエッジを維持したまま全体を均一に研磨します。

金属3Dプリンター造形の常識を超えた商品を皆様に提供できるツールです。

研磨サイズは最大180φx80 mm、機械的にアクセスできないような複雑なパーツも一体で研磨することが可能です。

材質はステンレス鋼、ニッケル基超合金、コバルトクロム合金、その他金属製品を研磨することが可能です。

造形品に限らず、複雑で困っていた部品や、樹脂との複合材料も研磨が可能で大幅な時間短縮を実現できます。

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

Coming Soon
樹脂3Dプリンターサービス

J・3Dでは新素材の開発やリリースされていない金属を3Dプリントする3Dプリンターパラメーター開発をしております。最適なレーザーパラメーターを開発することにより、他社では請け負えない金属を3Dプリントいたします。

このサービスの条件は、溶接性の良い材料であることと、その材料をお客様でご用意いただけることとなります。

今までにも数多くの企業様から依頼を受けパラメーター開発を手掛けてきた実績があります。もちろん機密保持の内容になりますので、どんな材料かを申し上げることはできませんが、新たなものづくりの一端を担えたと思います。



材料開発&パラメーター開発も経験と実績が豊富な私たちにお任せください。

お問い合わせはこちらから

金属3Dプリンターセミナー

株式会社J・3Dでは金属3Dプリンターのセミナーを積極的に実施しております。

金属3Dプリンターの基礎から適用事例、失敗談、そして今後の金属3Dプリンター動向についてもわかりやすく丁寧にお話させて頂いております。

企業研修などでも幅広く活用していただいております。

コロナ対策用Zoomオンラインセミナーも開催しておりますのでお気軽にお申し込みください。

お問い合わせはこちらから

リバースエンジニアリング

ものづくりにおけるリバースエンジニアリングとは、製品の先行イメージとして作られたクレイモデルや、既に現物がある製品などの形状データを測定(スキャニング)し、それをもとに3DCADデータを作成することです。

3Dデータは持っていないが実物がある場合にご利用されています。摩耗した金型修復や、3DCADデータ製作なども低コストおよび短期間で対応可能です。

また、3Dプリンターで造形した物と3DCADデータの整合性を見る検査(比較検査)としても利用しております。非接触式なので複雑な形状検査などでも利用されます。

リバースエンジニアリングの特色

J・3Dでのリバースエンジニアリングサービスは、レンズの交換により90mm角〜700mmまでをワンショットでスキャニングできる為、高品質、短納期、小型製品から大型製品に対応できるのが特長です。高品質が要求される小型部品、また大型金型や自動車のサイドパネル等のスキャニングができます。

スキャニン グされたデーターは(STL)専用のCADでサーフェースデータを作成し、3DCADで読み込み可能な表面形状(ソリッド)データに致します。また弊社では金属、樹脂の3Dプリンターを保有しているためスキャンしたデータから3Dプリントをする事も可能なので一貫したサービスを提供する事が出来ます。
3Dスキャニングを使ったリバースエンジニアリングサービスは、多くの製品開発、試作の現場で使用されています。

お問い合わせはこちらから

株式会社J・3Dの各種サービスを受けられる地域は以下のようになっております。事業内容に関する事はお気軽にご相談下さい。

北海道地方 北海道

東北地方 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県

関東地方 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県

中部地方 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県

近畿地方 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県

中国地方 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県

四国地方 徳島県 香川県 愛媛県 高知県

九州地方 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県

沖縄地方 沖縄県

お問い合わせはこちらから

Contact_banner_
J・3Dについて J・3Dについて
3Dプリンターについて 3Dプリンタについて
設備概要 設備概要
適用事例 適用事例
工場見学 工場見学
パンフレット 金属3Dプリンターの基礎知識