金属3Dプリンター受託造形サービスのことなら株式会社J・3D

愛知県名古屋市港区油屋町1丁目30番地
052-389-1901
事業内容 EOSとは
What is EOS?
EOS

1989年、ドイツのミュンヘンにDr.Hans J Langerにより設立されました。創業より、一貫して3Dプリンターの性能を追求し、売り上げの15%を開発に継続投資している。
精度、スピード、品質、コストの最善のバランスを追求した製品開発、製造機器としての3Dプリンターを追い求めるその姿勢は、十分時間をかけて検証した上で新製品や新機能をリリースすることにも表れている。

創業者が今でも会社を率いており、彼の製品や開発に対する思想が全従業員に植え込まれています。それにより安定した成長を成し遂げている。
EOS社は、2015年に世の中の製造の常識を根底から覆す開発をした企業に贈られるGame Changer Award賞を受賞し、そのぶれない開発姿勢が広く認められた。

また、Dr.Hans J Langerは、AM業界に大きな功績を成した人物として2016年SME Additive Manufacturing Industry Achievement Awardを受賞した。

EOS3D

EOSの金属3Dプリンターは200Wまたは400Wのファイバーレーザーを使用することができ、窒素、またはアルゴン雰囲気で造形をすることが出来る。

EOSはオープンパラメータも利用可能であり、独自の金属の開発もすることができる。

ラインナップはM080、M100、M100 Dental、M290、M300-4、M400、M400-4の7種類。


樹脂の3Dプリンターは4っの異なるラインナップを揃えている。

FORMIGA P 110、EOSINT P 396、EOSINT P 770、EOSINT P 800。これらはどれもサポート材を必要としていない。

FORMIGA P 110は、空冷のCO 2レーザーを使用します。造形範囲は200 x 250 x 330 mmで、 即時使用できるので医療機器業界や大学での使用が認められている。

EOSINT P 396は、熱可塑性プラスチックを使用し製造用グレードの部品を製造します。 この3Dプリンターはは620 mmの最大構築高さを持っています。 60μから180μの間の壁厚を持つ物体を作り出すことができるレーザーを使用する。

EOSINT P 770はEOSの最大の3Dプリンターです。 それは熱可塑性プラスチックの試作部品を作り出します。 システムの外形寸法は700 x 380 x 580 mmで、用途の1つは、航空宇宙用ダクトの製造になる。

最終的な樹脂3DプリンターはEOSINT P 800です。このシステムは、220°C(428°F)〜380°C(716°F)の融点を持つ高性能ポリマー(EOS HP3 PEEK材料を含む)から部品を製造します。 ) P 800は最高385°C(725°F)で動作することができ、高性能ポリマーを加工するための最初の3Dプリンター。 このシステムの用途には、医療業界向けのインプラントの製造や航空宇宙産業がある。

M100
M080/M100/M100 Dental
M290
M290
M300-4
M300-4
M400-4
M400/M400-4
FORMIGA P110
FORMIGA P 110
P396
P396
P770
P770
P800
P800

株式会社NTTデータエンジニアリングシステムズは、1993年に(独)EOS社と販売代理店契約を結び、20年以上に渡り装置販売から技術サポートまで行ってきた。
現在までに日本国内で160台以上の装置導入実績を持っている。
また複数台の最新の金属・樹脂造型機、検査・後処理機器等を備えたAMデザインラボ(大阪府箕面市)を持ち、各種エンジニアリングサービス、マニュファクチャリングサービスを提供している。

Contact_banner_
J・3Dについて J・3Dについて
3Dプリンターについて 3Dプリンタについて
設備概要 設備概要
適用事例 適用事例
工場見学 金属試作工場見学